トランプ氏が本音ではユダヤ金融資本を排除する魂胆であったのかはわからないが現在進行形ではユダヤ金融資本とグルであるのは閣僚の構成を見て明らかである。

ユダヤ金融資本は長らく世界を支配してきていたのだが、近年中国以下アジア諸国の著しい経済発展によってその地位が脅かされ中国資本vsユダヤ金融資本の熾烈な戦いが展開されている。その形勢は中国資本優勢という流れであった。

そこでユダヤ金融資本は、トランプに取り入り中国を経済的に粉砕すべく米系資本の中国からの撤退の強制や敵対的関税を課すなど進めていると思われる。

中国から米国に資本が今後も還流する見込みであり(ドル高)、資本が流入する限りはダウは上昇、ドル高となりバブルが形成される一方、資本の流出と米国からの経済的制裁によって中国経済はようやくバブル崩壊を迎えるものと思われる(2017年中か2018年には到来するであろう)。

こうなればユダヤ金融資本のとりあえずの勝利となるだろう。

その中国のバブル崩壊が現実となった場合、果たして世界恐慌を引き起こさずにいられようか?

非常に面白い年になりそうである。

ちなみに、その金融資本下の奴隷である日本は脱却しない限り経済が発展することはありえない。
変わるためには本当の愛国心を持ってメンタルの強靭な政治家が必要であるが現政権では存在しないからだ。