イギリスのEU離脱はすなわち老害→日本の近い将来の図

イギリス国民投票においてEU離脱勝利となったが、年齢が若くなるほど離脱には

反対という、まさに老害の構図が表れている。

【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?

 

日本でも同じ現象が起きている。

「老害」が元凶か、SMAP騒動も東芝不祥事も

(以後引用)

先般から私は、今の若者の貧困は老害によってもたらされていると主張

してきているが気づいている人もいることが確認出来て喜ばしい限り。

死ぬまで影響力を行使し続ける「老害」

日本に限らず、写真の出典記事であるサッカーのFIFA汚職絡みもまさに老害だ。

サッカーをやったことのない人間で爺が権力の座に固執し離れない上に

不正な汚職塗れでサッカーという球技を汚染している。

 

この老害は、私の定義するバブルの残党も同じである。

 

ご存知のように欧米企業のCEOは外部のプロ経営者であれ、生え抜きであれ、業績を上げれば高い報酬をもらえるが、達成できなければ責任をとって4年ないし6年で退任し、会社から完全に離れるケースが多い。

しかし、日本では業績不振でも社長を続ける人もいれば、社長を交代してもその上に居座り続ける。日本を「老害大国」と言うゆえんである。

東芝は今年6月の株主総会で相談役制度を廃止し、役員経験者が全員一律に顧問に就く現在の制度を見直す予定だ。日本ではよほどの不祥事がない限り、老害はなくならないのかもしれない。

 

ママゴト日本そのものである。戦後の何もない時代で発展させるのは能力が必要だが、

そこから1989年のバブル崩壊前までは極論すれば中学生でも経営出来たのである。

 

本当に能力が必要なのは、会社が傾いている現在の状況でありこれから未来に向けて

日本の企業は次々と消滅または中国資本に吸収されていくと予想しているので、日本は、

特に若者はこの先の未来は非常に暗いと思われる。

 

打破するには、

1、外貨を稼ぐ能力を養う

2、選挙でちゃんと投票する

の2点が重要だ。

 

1は、私が押しているようにAirbnbで民泊を始めるのが良い。新しく始まったばかりの

ビジネスで老害によって汚染された状況はあまりないからだ。また、日本経済が滅んでも

外人相手に外貨を稼ぐビジネスなのでそのような状況に陥っても何ら影響はない。

ただ老害どもがこれを阻止せんと邪魔をしようとしている動きがあるので苦戦を強いられる

可能性がある。

 

2については、

なぜ日本は「老人天国」になったのか… 若者が選挙から離れる悪循環

今の政治体制はまさに老害によって構成されている。若者が積極的に投票することで

若者にとって良い方向に未来は傾くと考えている。国勢調査がネットで行える事からも

わかるようにネットで投票することも今の時代可能であるが一向に進まないのは、

ネット投票を解禁すれば若者の投票が必然的に増え「老害体制が脅かされる」からである。

 

この老害体制(及びバブルの残党)を打破しない限り、若者は貧困から抜け出せない。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)