日本経済は崩壊に向けて順調に進んでいます

白物家電:アジア系メーカーが再編主導 東芝も売却へ

教科書しか知らない高学歴(プア属性)がもたらした悲劇です。

 

政府主導で円安誘導し、輸出産業を後押ししているんですが製造業が

次々没落する中で何のための円安誘導なのかという目的すら失われてきています。

 

日本から製造業が消えた場合何も残らないですね。

 

・日本の最もドル箱であった製造業が劣化していくことで税収激減と、雇用の維持が崩壊。

・少子高齢化の加速で引き起こされる、税収減、社会保障費用の負担増大。

→消費増税がおそらく将来20-30%にしないと財政破綻する

 

2020年オリンピック後の日本は、急激に経済の劣化が進むことが明らかですね。

 

そんな暗い未来を書く、書ける才能のある記者も残念ながら日本にはほとんどいない

ので自ら考えてこれからの未来どのように生活していくのか、お金を稼ぐのかを

考えていかなければなりません。

 

まさにリスク管理は自らが行う時代に突入しています。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)