政権与党の陰謀→軍事独裁体制を目指している

以前にも書いたが、

政権与党の陰謀

ようやくちらほらと政権与党の陰謀に懸念を呈する記事が見られるようになった。

というよりも、政権与党(政府)及び司法機関を糾弾する者は排除されているのが

現状のようである。

安倍政治はこうしてメディアを支配した?テレビ局が政権の「ご機嫌取り」に徹するワケ(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

 

この記事も以前私が書いた、まるで戦前、戦中の大本営とマスコミの関係そのものである

という内容が書いてある。

 

本書に実名で寄稿した外国人ジャーナリストは、こう総括している。

〈結局のところ、安倍政権よりも問題なのは主流メディアである。主流メディアの見下げ果てた弱腰と、民主主義の原理を守るという義務の欠如が、安倍首相とその派閥の手による「抑圧」を招いたのだ〉。

この春、「クローズアップ現代」「報道ステーション」「ニュース23」と、硬派な報道番組で政権に物申してきたキャスターたちが全て降板した。それぞれ事情はあるのだろうが、結局のところ、政権の思うツボ。冒頭で新聞供養の話を書いたが、今はテレビ供養が必要なのか。テレビ報道に、本当に死んでもらっては困るのだが。

 

非常に憂慮すべき事態である。

日本をユダヤに売り渡す売国奴→マスコミ

 

そういえば、私も以前そのあたりの業界にいたので知っているのだが、

マスコミ業界ほど、いわゆるブラック企業は存在しないと思うのだが、そのような

報道を全く見ないのも意図的に報道規制していることがうかがえる。

 

パワハラ、セクハラなど日常茶飯事、労働基準法を無視する膨大なサービス残業、

体を差し出す枕営業などザラであるにも関わらずである。

 

そんな中、大多数の下っ端のサービス残業によって上位10%の高学歴組は年功序列で

高級を取っている。放送局の平均年収を見てほしい、日テレを例に出せば

正社員の平均年齢48歳で平均年収1469万であるが、末端の制作会社のADレベルになると

1年で帰宅できる日数は1週間もなく寝る時間以外は仕事とコキ使われも月給10万もいかない

という悲惨な現状がある。

 

当然このような劣悪な職場であれば離職率は高いのであるが、「放送局」というブランドに

あこがれて兵隊はいくらでもすぐに集まるから労働環境、条件が一向に良くならない。

終わった職場である。

 

このようなマトモな職場でないマスコミが国家権力に歯向かうことなどできないのである。

 

政権与党に歯向かう、田母神氏などもゲシュタポ化している司法権力及び国家権力によって

排除されもはや今の政府にマトモな意見を言える存在が消滅してしまったのではないかと

私は懸念している。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)