北朝鮮のミサイルや核兵器は日本製である

西村真悟

テレビなどマスメディアに汚染されてしまっている今の若者には初めて聞く話かも知れない。

今話題の北朝鮮のミサイルや、核兵器開発などはMade in Japanである。

 

我が国の資金が、資材が、人材が自らの国を滅ぼす元凶に貢献しているのである。

これらの存在を、売国奴と言う。

 

どういうことか説明しよう

 

まず資金について

これまでパチンコを運営してきた連中は大半が朝鮮人である。そして、我が国に税金を納めていない。

せっせと北朝鮮に稼いだ資金を朝鮮総連で資金を送り込んでいるのである。

それを支援する政治組織は、自民党の一部勢力及び社民党である。

 

これら売国奴は政治家で唯一我が国のことを考えいる西村真悟と激しく対立したため明らかになったのだが

自民党の加藤紘一社民党全体(旧社民党)などの存在がこのような危機をもたらしているのである。

ゆえに、社民党はいまだに北朝鮮支援側の数々の行動をとっている

 

私も10代までの頃はこのような話は信じられなかった、ネットもない時代で調べる手段が限られたからだ。

しかし今はネットがある、自ら考え調べて結論を出す癖をつけなければ真実は見えてこないことを肝に銘じるべきだ。

 

資材については、北朝鮮利権の正体

に触れられているが上場会社含めてまだ明るみに出ていないのは多数であろう。

 

人材については、日本は能力のある技術者は冷遇され給料も安く、反面詐欺的能力を誇る営業職が優遇されるため

北朝鮮は日本の技術者を金で釣って大量に集めミサイルや核兵器を開発しているのである。

 

我が国が北朝鮮や中国によって攻撃され侵略されることに力を貸しているふざけた売国奴があふれていて

さすがにリスク管理しないともう手遅れになってしまう。

 

今年はアメリカが選挙の年であり、オバマ大統領があまり行動を起こさない政治的空白を突いて北朝鮮は行動

しているように思える。その点からすれば、今年は中国軍による我が国の領土「尖閣諸島」の武力占領に非常に

警戒しなければならない。

 

仮に占領される事態になれば、次は沖縄も中国によって占領されるのは目に見えている。

 

財政的にも、周辺の敵に対しても日本は非常に弱く若者たちの未来は暗い。

君らが行動しなければ現実のものとなるだろう。

 

さしあたって、本当に日本のことを思って政治家になる人材はとにかくお金がない。

自民党など政権与党は汚職で金銭的に肥え太るのである。

私の知る限り、西村真悟ほど愛国心のある政治家はいないのだが、お金がない。

国会議員として初めて尖閣諸島に上陸したことで有名な人材だ。

 

まじめな人間ほど損をするように仕組まれているのが今の日本である。

お金がないと選挙をまともに出来ないのも何とかしなければ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)