東京オリンピック

日本はそもそも、資本主義ではなく社会主義です。

私も10代のころまで日本は資本主義だと信じてきてたのですが、年を重ね経験と知識を積むにつれ

この国は資本主義ではなく社会主義であることがわかりました。

 

社会主義という理想はすでに崩壊しており、失敗であることは明らかなのですがこの日本では

まだその思想を堅持しようとしているようです。

 

日本は未来に向かって時間が進むほど、国民の大半が貧困に陥ってきていますがそれもそのはず、

社会主義体制の末路がそれだからです。

人は社会主義体制下ではよりズルを働きやすい事が判明

 

日本は労働者を簡単に首にできない上に、失業したら手厚い保護をしていますがまさにこれが

社会主義の理想とする共産主義そのものですね。

 

資本主義体制の本場アメリカにおいては、解雇は容易で朝突然上司から電話がかかってきます。

上司「あ、○○君おはよう。早速だけど今日から出勤しなくていいから、私物は郵送するんで」

といって首になります。日本とは大違いですね。

 

また、失業保険も日本のように簡単には需給出来ません。

 

日本のように甘くない米国失業保険

 

労働者を無駄に手厚くするのが社会主義体制の真髄です。

 

日本では簡単に首にできないものだから、

社員にパワハラ加えて「うつ病」にさせようーー社労士「首切りブログ」を弁護士が検証

こういう社労士が登場したりするわけです。世の中、大半の人はこの社労士を「けしからん!」と

言いますよね?本当にそうでしょうか?

 

雇っていてもお金を生み出さずむしろ全体の足を引っ張る不良社員を解雇出来ない今の社会のほうが

大問題です。結果、会社に利益が出せずあなたの給料が下がるわけですよ。

 

また、大局的には経済が発展せずに委縮するだけで、これも将来においてあなたに貧困という災いが

降りかかるわけです。

 

社会主義体制を維持し資本主義体制を否定するからアメリカに未来永劫勝てるわけがないのですが、

その裏で着々と詐欺師と無能な輩があふれており

新国立競技場建設計画「聖火台のことすっかり忘れてたわwww木造屋根の上で火焚けないわwww」←無能すぎ

このような惨状を呈するわけです。

 

最近私がお勧めするのは、少しでも才能があるならアメリカにいったほうがいい、日本に未来はない。です。

 

自ら考えてリスクを管理しこれからの人生考えなければ貧困の泥沼から這い上がれなくなりますよ。

 

 

経済を発展させたいと思うなら、アメリカの資本主義体制を取り入れるべきです。

それ以外は間違いなく経済は劣化する運命にあるでしょう。