日本でいうところの民主党政権の再来→トランプ大統領

アメリカ大統領選挙後からしばらくの間、次期閣僚について様子見をしていたのだがとんだチキン野郎だということが分かり始めてきた。

クリントンら従来のユダヤ金融資本を筆頭とする「金権政治」に対峙する形を見せてきたトランプ氏であったが、何のことはない。閣僚の大半がユダヤ金融資本の人間で占められているではないか!

金融方面においてはリーマンショックを招いた張本人たちがのさばるなどふざけた様相を呈している。

どうやら、オバマ氏が初当選した際に最後にユダヤから選挙資金を獲得せざるを得なくなって結局彼らの傀儡と化してしまった事と同じことがトランプ氏にも起きたようである(資金をユダヤから獲得)。

いやはやアメリカのトランプ氏に投票した有権者は騙されたのである。

こうなると期待したことは恐らく「言うだけ」で1つも実行しないどころか、期待先行のこの相場に
「トランプ起因の世界恐慌」が発生するリスクが高まっていると判断出来る。

先日書いた予想で、

トランプ大統領就任前から就任後の予想

1から6まではまさに予想通り進んでいる。7からは予想を修正しなければならなくなった。

現時点で明らかとなりつつあることは、

・化けの皮が剝がれるまでに1~2年ほどかかる。それまでは期待先行の今の流れ(株高、ドル高、債券安)が継続すると思われる。

・ドル高によって中国の外貨準備高が急減しており、ここも世界恐慌に発展する可能性が高まり始めた。

・閣僚がユダヤ資本で固められた以上、これまで同様詐欺的手法及びインサイダーで他民族から金を巻き上げる投資が続く。

といったところか。従って現段階においては逆張りは避け順張りに徹するほうがよさそうである。

恐らく、ここからさらにバブルが加速すると思われ、その破裂の引き金を引くのは中国か、トランプ氏の化けの皮が剥がれたときであると予想する。
(日本の相場は除外)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)